そっと優しく

お肌がカサカサになると
小じわが増えるし、おばあさんみたいな見た目になるのが嫌なので
たっぷり保湿して、たっぷりとクリームを塗っていたのですが

そうやってお肌を甘やかすと、自分で頑張る力がなくなって
お肌はどんどん乾燥していくと聞いて、へこんでいるところです。

お肌に油分をいつまでも残さず
しっかり洗ってしっかり保湿、そしてターンオーバーを整えるのが
乾燥肌対策の基本のキだと、皮膚科のお医者さんに諭されました。

すぐに乾燥してしまうお肌は
ゴリゴリと洗ったりせず、とにかくきめ細かい泡をたてた洗顔料で
優しく包むように洗うのがよいそうです。

泡がクッションになるくらいの弾力をもたせて
そっと、そぉぉっと、でもしっかりと洗うこと。汚れは残してはいけません。

そしてすかさず保湿!

皮膚科の先生いわく、お風呂上りの肌はタオルでガシガシふかずに
すこし水分を残した状態で保湿剤で蓋をしてやるのがよいのだとのこと。

ガシガシ拭くと気持ちがいいんですけど。
敏感肌の敵は、乾燥と共に「刺激」、タオルの摩擦も避けたほうがよいらしいです。

ただし、濡れたまま保湿をせずに放っておくと
お肌の持っている潤いと共に表面の水分が蒸発していくので
ものすごいカッサカサのお肌になってしまうのだとか。

擦らずに、そっと優しく潤いを落とし過ぎない洗顔と
適度で正しい保湿で、敏感なお肌を乾燥からしっかりと守りたいと思います。

https://xn--qkqv95eojdyosmjpqjp.xyz/